平井まちかど音楽に出演しました

型連休の最終日2019年5月6日,平井まちかど音楽祭に出演してきました.

 このイベント,平井の駅前にある商店街のカフェ,鰻屋さん,美容室,陶芸家さんのギャラリーと,バラエティにとんだ10箇所の会場で19組のパフォーマーがパフォーマンスを行うというもの.
 The Loose Bossaは「バルmás」さんと「ギャラリー麻百百」さんで演奏させていただきました.

 「バルmás」さんは某ボーカル女子の行きつけの店.アットホームな飲み屋さんでカウンターと,テーブルを片付けた特設席.お客さんとの距離は1mほど(笑).超アットホーム.
 ママさんも気さくな人で夜も居心地良さそう.こりゃ帰り道とかにあるとついつい寄るわな・・・東京の西の端に住んでるこやまは,なかなか平井には行くことがないけど近くに(山手線の東側くらい)行ったら寄りたい感じ.

 「ギャラリー麻百百」は陶芸家のご夫婦がやっているギャラリー.普段は作品展示やワークショップを行っているみたい.こちらは特別に音楽祭限定でビールと手作りのおつまみが準備されていてバル気分.お客さんとの距離はさらに近い60cmくらい(^^
 実はお気に入りの湯のみを割ってしまったので代わりのものがないか探したけど,残念ながらこの日は見つかりませんでした・・・

  で,TLBとしていろんなイベントに出させていただいていますが,これほど手作りで居心地よく,なんかほっとするイベントは初めてでした.イベントのサイズと(良い意味で)ほとんど何もない設備が,この安心感というか良い感じの元なんですかね?それぞれのステージは10chくらいの小さなミキサーとマイク(SM58)2本とスピーカー1本.あとは演者が持ち込んだDIやエフェクターというミニマム設備.TLBの「最小限のユニットで出来る最高のパフォーマンス」というコンセプトとぴったりのイベントでした.

 あと,「下町の人」はノリが良い!関西人とは違うノリですが音楽を演奏するものにとっては最高の環境かも(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA